スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終、十九式”大往生”!(ドヤァ

11 /15 2011
秋祈
またうぇぽんずはーとの設定画を
文をまだこっち持ってきてないので、ageるのもどうかなーと思ってましたが、
昨日、響をageちゃったので、まあいいかなと

とりあえずストックを開放してるわけではありませんよーやだなー

主人公の柴浦秋満さんと
その側近の夕月祈さんです

祈さんが秋満さんにらぶちゅっちゅです
秋満さんは若い頃からの祈さんを世話してるので、ちょっと素直になれない感じですね
現在では、むしろ秋満さんが祈さんに世話をされてるんですが
献身的ないい子ですよ、祈さんは

自分で言ってもなぁ…

秋満さんには通称「政府の犬」ってのがありまして、
祈さんにもちょっと考えてみました
神代さんが
で決まったのが「黄昏の朔望」です
由来は文読んでたらなんとなくそんな感じだなーって感じで伝わるはずです

通称はいいですねー
ぞくぞくきますー
こういうの積極的に取り入れて行きたいですね

にしても秋満の適当っぷりがひどい

進行度85%
下書きを修正の半ばぐらいです
もうちょっと…もうちょっと…
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

崎原 一研

エキゾチック:
外国の雰囲気・情緒のあるさま。異国的。
外国の人から見れば日本も外国。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。