スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「脳科学の観点から見てあなたは…」「ナ、ナンダッテー」

日記
10 /23 2011
久しぶりに更新するような気がするぐらいに多忙な一ヶ月を送っている崎原です

うそです

先月終わりから今月頭は少々忙しい時期はありましたが、
今はなんというか・・・にーと?やってます

いや、勉強したり、読書したりそれなりに充実した生活は送ってるんですけどね
ここ数日は脳科学の観点から心の在り方をコントロールするとかいう本を読んでいるのですが、
よく言われるように、人の感情は脳の科学反応から生じているらしく、
実際に脳のある部位を切除すれば、感情の希薄な人間が出来上がるようです

科学的観点から見れば、当然のことなのですが、文学的観点から見れば些か風情のないことのように感じます
しかし、私たちの感情の全てが、この脳において、生じていると考えてみれば、
とてつもなく壮大に思え、人体の神秘、偉大さというものに賞賛を送らざるを得ません

脳科学もなかなかに興味の尽きない分野ではないかと思います

今更突き詰めようとも思えませんけどね。

次のGoodLackの進行度10%程です、お楽しみに☆
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

崎原 一研

エキゾチック:
外国の雰囲気・情緒のあるさま。異国的。
外国の人から見れば日本も外国。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。