FC2ブログ

GoodLack 04-01

GoodLack
10 /31 2011
「大事な話があるんです!」

 まだからかわれ続けるのかと身を構えたが、三橋様は真剣なまなざしで真っ直ぐと瞳を見つめて、
「仕事の話です」
 と付け加えられ、なにを期待していたのかと胸の中で自分自身を嗜めた。
 仕事の話。そこでふと気づいた。三橋様の自分の腕を掴む手の力が思いの外強い。よほど重大なことなのだろうかと、どんなことが来ても受け止めようと心の中で覚悟を決める。

「この話をする前に、ひとつ確認させてもらってもいいですか?」
 ふぅと心を落ち着かせ、静かに首を縦に振った。

「私と希望さん、どちらが大切ですか?」
「え」

 突然の質問に再び戸惑う。そう、それは自分にとって、ある種究極の質問であった。希望さんは自分にとって、昔からの大切な人。三橋様は自分たち、天使にとって、絶対に守るべき存在。それに、三橋様とは、ただの上司と部下と言う間柄だけに留まらず、個人的にお世話になったことも多い。『希望ノ羽』の認可の件や、希望さんに関わる仕事に携わらせてくれたことなど、受けた恩は多大なもので、上司として大切に思うというだけではなく、一人の人物としても大切に思っている。それをどちらがより大切であるか決めるなんてことは、自分にできるようなことではない。
「それは…」
 答えを決められない。ただその場に立ち尽くすだけしかできない。三橋様の見守るような優しい視線も相まって、自分の中でとても気まずい時間が流れていた。
「やはり、優しすぎますね…」
 自分の答えを待たず、三橋様がぼそりと呟いた。そして、
「あなたが私を大切に思ってくださること、うれしく思います」
 笑みを見せてくれた。この方はとても幸せそうなうれしそうな顔で笑われる。この笑顔を見るたびに絶対に守っていきたいと思ってしまう。

「まあ確認にはなりましたので、本題に入りましょう」
 答えは出さなかったが、確認はできたらしい。いよいよ本題ということで、再び身構える。またさっきの質問みたいに変な話じゃなければいいがと心の内で思っていた。

「実は最近、気になることがあり、極秘裏に調査しようと思いまして、地上に参りました。」
 そこから、三橋様に、この地区で秘密裏に『希望ノ羽』が複数回ダウンロードされたことを聞かされた。
 『希望ノ羽』は、ダウンロードするだけならば、天界で資格さえとれば、手続きを済ませ可能となる。ただ使用するとなっては別で、厳しい審査の末に、認可がくだされ、解除コードを『希望ノ羽』に示し、やっと使用可能になる。『希望ノ羽』は、あくまで究極保険といった立ち位置に位置づけられている代物。警官の拳銃のようなものだ。それよりもさらに厳しく自分の意志だけでは発動できないということも加えられるが。
 その多大なポテンシャルを秘めた『希望ノ羽』が許可申請なしで、ダウンロードが行われたという。使用認可がないので、さすがに使用するということは不可能だろうが、そのダウンロードが秘密裏に行われたというのが問題である。なぜ秘密裏に行われたのか、またどうやってダウンロードを可能にしたのか、見過ごせない事態である。そして今回、その不正に気づいた三橋様が、自ら休暇という名目を挙げて、調査に来たということらしい。

「手伝っていただけますか?」
「仰せのままに」

 調査に同行することを了承する。というより、三橋様一人で調査させて危ない目に合わせるわけにもいかない。それに三橋様は自分を頼りにし、単独でここまで出向き、依頼してくださったのだ。それを無下にすることなどできるわけがない。

「それから、他の方にはこのことはくれぐれも秘密にお願いしますねー」
「はい、巻き込むわけにはいきませんからね」
「それもありますけどー」
 休暇という名目を挙げてここに来たのだ。何に対してもなるべく秘密で済ませておきたいのだろう。
「希望さんたちに知れたら、折角の休暇の雰囲気が重くなってしまいますからー。希望さんたちと過ごすのが思いの外楽しくてー、うふふふふー」

 大胆不敵なことに、この神様は自身の休暇を名目で終わらせる気はないらしい。
 あなたならば、万事平穏に解決できると信頼されているような感じ。是非ともその期待に応えなくてはならないだろう。

「そうそう、羽塚さんー」
 がんばるぞーと気合を入れているところに三橋様の間の延びた声が挟まれ、

「どちらが大切か、決めておいてくださいね」

 答えの出なかったこの質問を再度投げかけられたのだった。
スポンサーサイト

病は気からとはいうけどきついもんはきつい

日記
10 /31 2011
こないだ喉が痛いとか言ってたんですが、
どうもこじらせちゃったみたいです

当初鼻に繋がる方が乾燥して痛かったのですが、
次第に喉の方に来て、咳が出るように

前書いた後ちょっと気になって体温計はさんでみて、
平熱もいいとこだった感じが、なぜかこんなことに
なめてましたね、はい

昨日一日ごろごろして、本日はのど飴とか舐めたりして、
割と咳がでないようになりました

まあぐっどらがんばります☆

進行30%だよっ
短さにかけてみます

日常の出来事から役立つネタを見つけ出すとか

日記
10 /30 2011
天神寄席祭りということで、寄席を見てきました
なんでかっつわれても特に理由はないのですが、
気になるなら本人に問い詰めてください

とにかくおもしろかったです
笑点に出てる人の公演もあって、豪華だなーって印象でした

寄席ってそういうもんなのですかね?
たまたまいい回に行ったとか?

内容自体はすごくよかったのですが、
ちょっと気になったことが、
周りにいる人達が、歳いった人たちばかりで、
自分と同い年ぐらいの人が会場スタッフぐらいしかいず、
老人ホームってこんな感じなのかーとか思ってました

寄席って若い人の趣味じゃないのでしょうか?
普通におもしろいんですけどね

そんな場合じゃない進行30%

だって不倫は文化ってだれか言ってたような気がしたんだもの

日記
10 /29 2011
今更ながらちょっと見たかった「サヨナライツカ」を見ました
そこまで期待してなかったのですが、
かなりおもしろかったです

というか最近泣かせにくるのに弱い気がするそんな年頃に

まあ単純に不倫と真実の愛って感じの話だったのですが、
堕落、友情、愛憎、修羅場、惜別と詰まった上で、言葉が重く響いてくる作品でした

ところで不倫とは、みなさんどう思いますか?
ここで肯定しちゃうと自分の人間性を疑われるかもしれませんが、
先に出会った人と、結婚という契約をかわしてしまい、
後で出会った人の方が自分の運命の人だった
もし、運命の人に先に出会っていればと後悔するのは明白だと思うんですよね

結果的に、
先に出会っていた人とは、結婚生活がせいぜい5年しか続かないと思った、実際に続かなかった
しかし、運命の人とは、死に別れるまで共に過ごせると思った、本当にその通りになったってなったら、
やべぇ!不倫した方がいいんじゃね?ってなるような気がします

まあ、結果なんて蓋を開けてみないとわからない上に、
実際は一時の気の迷いで不倫とかしてしまうんでしょうけどね
それに不倫という行為の背徳感からくる興奮もプラス要素になってるかも

結局のところ、結婚という契約を反故にすることだから不倫は悪いんですけどね
契約を守れない人とか世間的にみてもダメですよね

契約まじこええ!

進行度30%やべぇ!
けど、短いからすぐ終わるってきっとそうだって^^;;え、きたえr

黒歴史とは後々に目を通してこそ意味があるもの

日記
10 /28 2011
先日、神代さんにキャラのビジュアル教えてよと言われ、
ぐっどらのキャラデザは前に考えてたので、
以前書いたやつのキャラでもいいってんで考えてみたんです

が、こっちにある作品でもないのでスルーしてみました

その意向を神代さんに伝えたところまあおまえ次第と言われたので
今度ageて見るかもしれません

というか前に使ってたホームページの鯖が11月一杯で終了するってんで
こっちに持ってくっかもしれません
揃いも揃った黒歴史の移転は手が震えるような心地です
手が震えすぎて中身改竄するかもしれません

まあ興味持ったら見てくれると幸いです
ちょっとは読みやすいようにできればと思ってます

進行度30%に!
今回は短そうです

喉が!喉がやられました!!(叫びながら

日記
10 /27 2011
季節の変わり目に喉をやられました
ここんとこ急に気温が下がって、布団が明らかに足りてない感じがします
しかし、風邪ではないようで熱とか身体がしんどいとかいうのはなく、
乾燥して痛めたような感じです

いやもしかして風邪なのか?
馬鹿は風邪を引かないっていうのも、馬鹿は風邪を引いてるのに気づかないからってことで、
ほんとは風邪を引いてるかも知れません
体調が悪いと感じたら熱とか測ってみるといいかもしれないですね

暗に自分が馬鹿なことを露呈した崎原でした
実際、風邪じゃないと思いながらも測ってみたら38度後半をたたき出したこともありますしね

進行20パーセンッ!

パンツじゃないから恥ずかしくないもんって見せパンみたいな心理なのかな?

日記
10 /26 2011
先日、後輩から先輩なにが好きなんですか?と問われ、
そこまでしっくりとはまったものがないなと思ったわけですが、
色々はまらないわけではないんです
ただ広く浅くはまるというのが自分のスタンスみたいなのですが、

これと思い当たるものがひとつ
ストライクウィッチーズのエイラですね、はい

あの独特の話し方に、
才能があってそつなくこなすキャラのはずなのに好きな子の前ではヘタレキャラで、
そして自分をヘタレだと思っていないところだったり、
なんというかもうたまらんね

それに中の人の大橋歩夕さんも好きで、番組ラジオとか結構聞きます
会話間に妙な間があるのに、それが気にならない雰囲気だったり、
ゲストが着てたら会話に入っていけない子で、
どこか応援したくなるような感じが
なんというかもうたまらんね

むしろあゆたの方が好きなんじゃね?
つーか境界線上のホライゾンみねーと!

いやまあだれか大橋歩夕さんにもっと仕事あげて!
だぶるじぇいでは主人公だったけどナ

進行ちょっと進んで20%

人狩りいこうぜ!

日記
10 /25 2011
最近モンハンにはまってます

シリーズ通してやってることは同じはずなのに
どうしてこんなに簡単にのめり込めるのだろうと割と不思議でなりません

収集欲と競争意欲を引き立てられ、
また敵によっての特長や、簡単には倒せないが、慣れて行動パターンが読めてくれば、
倒せるようになってくるという自己成長要素による充足感

そして…
恐ろしいまでのドロップ率の低さ

まあそれも計算されてのことでしょうが

みんなでわいわいできるという要素もかなりありますが、
こういったコンセプトもかなりのめり込ませる要素になっているのではないかと思います

ちょっとだれかひとかりいこうぜ

進行度10ぱー
一息つけたので進めれそう

えっ!?アイドルってトイレ行かないんですか!?

日記
10 /24 2011
昨日、アイドルマスターを見まして、
ふと思ったことが、
「アイドルにはまる瞬間とはなんだろう?」と

ちょっと前に、某歌番組にて、アイドル特集をやっていまして、
その番組内で「あとがないんです!」とか言ってた
「アイドリング!」の汚れ根性と言うか必死さに好感が持てました

もう正に一般的によく言う、がんばっている姿に心を打たれたというべきなのでしょうか
特にだれが好きってわけじゃないですけど、「あ、出てる。がんばってんなー」ぐらいに思うようになりました

あれ?そこまではまってないな・・・

というか今までアイドルに、はまったこととかなかった気がします
だれかアイドルのよさを是非とも教えてくれればなと思います

そういえば、「ももいろクローバー」とかすごいインパクトあったような
いやでもなんか違うなー・・・

まあアイドルたくさんいるんで皆さんがんばって欲しいです
エンターテインメントは人が生きていく上で欠かせませんから!

つーわけでもっとがんばろう・・・

進行度10%のまま☆

「脳科学の観点から見てあなたは…」「ナ、ナンダッテー」

日記
10 /23 2011
久しぶりに更新するような気がするぐらいに多忙な一ヶ月を送っている崎原です

うそです

先月終わりから今月頭は少々忙しい時期はありましたが、
今はなんというか・・・にーと?やってます

いや、勉強したり、読書したりそれなりに充実した生活は送ってるんですけどね
ここ数日は脳科学の観点から心の在り方をコントロールするとかいう本を読んでいるのですが、
よく言われるように、人の感情は脳の科学反応から生じているらしく、
実際に脳のある部位を切除すれば、感情の希薄な人間が出来上がるようです

科学的観点から見れば、当然のことなのですが、文学的観点から見れば些か風情のないことのように感じます
しかし、私たちの感情の全てが、この脳において、生じていると考えてみれば、
とてつもなく壮大に思え、人体の神秘、偉大さというものに賞賛を送らざるを得ません

脳科学もなかなかに興味の尽きない分野ではないかと思います

今更突き詰めようとも思えませんけどね。

次のGoodLackの進行度10%程です、お楽しみに☆

崎原 一研

エキゾチック:
外国の雰囲気・情緒のあるさま。異国的。
外国の人から見れば日本も外国。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。